青空の漫画日記

漫画家志望者のブログです。ファンタジー漫画大好き。宜しくお願いします(*・ω・)*_ _)ペコリ

透明水彩メイキング


↑の透明水彩メイキング動画を作りました!パチパチ(*≧∀≦)ノノ゙

しかし、困った事にこのブログには動画は載せられないし、私がやっているTwitterに投稿するにも時間制限で全部は載せられないから辞めました_( _´ω`)_

ですが、YouTubeには投稿できたので「蒼井爽良」と検索をしてもらったら見れますのでぜひ、見てやってください(o´∀`o)


しかし、その動画にはどこをどう塗るのかを書いた説明文みたいなのがないので、この記事にはそういう詳しい説明を載せますので、いらない人はスルーしてね( *´︶`*)


ではでは、(あくまで)私流の透明水彩の塗り方を説明させていただきます┌(┌`・ω・´)┐シャキーン


まず、一応自分の道具を紹介します…ヾ(・ω・`;)ノ

まぁ、普通の百均の水入れとパレットです。汚いのは許して

絵の具は、ホルベインの透明水彩(HWC)です。18色。この絵の具はプロのイラストレーターさんの中で使っている人もいます。お小遣いで買えるぐらいの値段なので凄くオススメ(ノ≧∀≦)ノ値段の割には鮮やかだし綺麗だよ。

今回使う紙は百均のドローイング帳?です。よく落書きや絵の具の試し描きで使うんですが、水彩には合わないです。(メモ帳みたいにペラペラだから)いつもはマルマンのスケッチブックや、漫画の原稿用紙に描いてるんですが、今回は手元にあったのがこの紙しかなかったので…💧皆はちゃんとした紙に描いてね!!コピー用紙とかは駄目よ!!

筆は文房具屋さんで買った面相筆をよく使います。たしか700円で高かったんですが、とても役に立ってくれてます。本当に細く描けるし、太くも描けるのでお気に入りです。

あと、私はスポンジ?タオル?のかわりにティッシュを使います。便利です。


では!道具紹介も終わったのでこれから説明をしていきます。


※注意⚠ 私がやる塗り方は、マット水彩や、不透明水彩では上手くできないかもしれません(;´・ω・)そこは自己責任?でお願いします…💧


えっと…はっきり言って簡単です。私は、髪の毛も服も同じ塗り方なので、塗り方がしっかりできれば大丈夫です。それにやっていけば慣れます。

今回は、青を主体とします。まず、基本となる色(青色)を水をたっぷり含んだ筆でよく溶かします。

パレットの部屋に移しましす。このとき一番重要で、濃く多く溶かします。まぁ、濃い色水みたいな感じです。マヨネーズみたいな水分が少ないのは駄目です。かといって水が多すぎて色が薄いのも駄目です。もっとわかりやすく言うとカラーインクっぽい感じかな…?💧

そして一番影になるところ、濃くしたいところにその溶かした絵の具を、少し含んだ筆で紙にのせます。全部の絵の具が紙に染み込まずに少しだけぷっくり絵の具がのるぐらいがちょうどいいと思います。

筆を水で洗ったら少し水を含んで、絵の具をスーッと伸ばします。

伸ばしたらまた溶かした濃い絵の具をつけて

薄く伸ばしたところに、ちょんっと色を置きます。これはなんか寂しいな…と思ったらやるといいと思います。

そして次は、さっきの基本の色より明るい色(水色)を同じように溶かします。

明るい色(水色)は、影にならないところ、いわゆるさっき薄く伸ばしたところ辺りか、その下辺りに色を置きます。そのとき、さっきの塗ったところが半乾きがちょうどいいです←これ重要

そして水を含んだ筆で伸ばす。

そしてそして基本の色より暗い色(藍色)を同じように溶かします。

そして影になるところに置く。

これでも十分出来上がりなんですが、

その色に近い色(紫色)を同じように溶かして置くとちょっといい感じに出来上がります。

完成(*’ω’ノノ゙☆パチパチ


この塗り方?を髪の毛や、服にやるとこんな感じです↓

他にも私がやっている塗り方はあるけど一番好きな塗り方はこれです( ˇωˇ )

皆ごめんね。切ない長くなっちゃって。ちゃんと伝わったかなԅ( ˘ω˘ ԅ)なにかわからない事とか質問とかあったらコメントや、私のTwitterで言ってねヾ(・ω・`;)ノ

じゃあ、ありがとうございました((´∀`*))

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。